【こじらせ女子14】マッチングアプリに写真載せたくない事件

【PR】記事内に広告を含む場合があります
【PR】記事内に広告を含む場合があります
黒歴史

どうも、アトピーが治ってハッピーな女、さっちゃんです。

いきなりやけど、みんな自撮りとかする?

私、いままで自撮りしたことなかったんよね。

友達に「一緒に撮ろう」って言われたときは撮るけど、自分で自分の写真を撮ろうっていう発想がなかった。

だから、スマホの写真はごはんとか、猫とか、景色ばっかりw

なんか写真に抵抗あって、できるだけ写りたくなかってん。

集合写真撮るときとか、率先してカメラマンになってた(笑)

ところが!

こんなに写真嫌いな私が、マッチングアプリに登録するためのプロフィール写真を撮ることになってん!!

婚活は、写真がめちゃくちゃ重要らしい。

っていうのも、写真でマッチするか否かが決まるから。

それを知ったとき

絶対イヤ!!

って必死の抵抗をしたよ(笑)

というわけで、今回は「どうやって写真嫌いを克服したか?」を話していくよ!

この記事の内容:写真が苦手な理由がわかる!&写真嫌いを克服する方法がわかるよ!

婚活の第一関門「マッチングアプリの登録」

みんなマッチングアプリって使ったことある?

私、なんか怪しいイメージあったから、使ったことなかったんよね(笑)

でも、いまの婚活の主流=マッチングアプリやねんて!

というわけで、私も始めることに。

初めて登録したマッチングアプリは、Pairs

  • 累計登録数2,000万突破!
  • 毎月13,000人に恋人ができています!
Pairs

らしい。

ちなみに、アラサーでマッチングアプリ初心者なら、大手がいいよ。

いきなり、ニッチなアプリ始めたらほぼ100%ケガする…(汗)

で、マッチするためには、顔出しが必須らしい。

なんか…めっちゃイヤじゃない?

  • クライアントにバレたらどうしよう?
  • フリーランス仲間にバレたらイヤやな…
  • 友達にバレたらなんて思われるかな?

とか、いろんなこと考えた。

でも、ちょっと待って。

クライアントもフリーランス仲間も友達も、ほとんど結婚してるよな?

気にしてるの私だけか?

っていうか、このままやったら、結婚どころか出会うことすらできひんやん…!

ぐおおおおおおおおおおおお

めっちゃイヤやけど、やるしかない!!

って思って、婚活準備を始めることにしたよ。

婚活女子の中には、私みたいにマッチングアプリに抵抗がある人もいると思う。

だから、私がどうやって乗り越えたかをシェアすることで、「マッチングアプリやってみようかな」って一歩踏み出すきっかけになったらうれしいよ!

ここからは、

  • どんな準備をしていったのか?
  • どうやって試練を乗り越えたのか?

について話していくね。

プロフィール写真を撮るために準備したのは、3つ。

一つずつ説明するね。

婚活準備1「服」

まずは、婚活用の服。

みんな、どんな服着て写真撮ったらいいと思う?

スカート?

それとも、オフィスカジュアル?

一番、マッチ率が高いのは…

露出激しめの派手なワンピース!笑

こんなん↓

え?

いやいや、無理無理無理!!!

こんなん着れるわけないやん!!!

って私も思ったよ(笑)

色素沈着もあるし!

と思って、必死の抵抗

でも、私がいつも着てる長袖長ズボンで登録したら、ロクでもない男としかマッチできないらしい!

それは…イヤやなぁ。

せっかくマッチングアプリ登録しても、「いいな」って思う人とマッチできひんと意味ないし…。

って思ってたら、Pairsやってる婚活仲間が「大丈夫だよ!私もバレてないから」って教えてくれてん。

だから、とりあえず、派手派手ワンピースを選ぶことにした(イヤイヤやけど笑)

婚活準備2「メイク」

次は、メイク。

服が派手やったやん?

だから、メイクも濃いのが正解!!

どのくらい濃いかっていうと、宝塚歌劇団並みw

もう舞台メイクって呼んでいいと思う。

例えば、

  • ファンデーション重ね塗り
  • アイシャドウ何色塗ってんねん
  • アイラインがっつり
  • マスカラ2度塗り

ってな感じで、すんごい濃いと、マッチ率上がるらしい!

私、いつも眉毛とリップちょっと塗って終了やったから、高低差ありすぎて耳キーンなったわw

特に、気をつけたいのが、チーク。

薄くなりがちやから、注意して。

写真やと、ライトに当たって色が飛ぶねんw

だからもう「これでもか!」っていうくらい塗りたぐったよ!

メイク落とすの、めっちゃ大変やけどw

婚活準備3「写真の練習」

最後は写真の練習。

あの露出の激しい派手なワンピースを着て、めちゃくちゃ濃い舞台メイクをして、自撮りの練習するねん。

私、これがめっちゃイヤやってん…。

最初に写真嫌いって言ったやん?

実は、子どものころ、おじいちゃんに

さちこの鼻は低くてカッコ悪い

ってずっと言われててん。

「さおり(私のいとこ)の10分の1や」

「洗濯バサミで鼻つまんどき」

って。

いとこは、小顔で目も大きくて鼻も高いんよね。

雑誌にも載ってみんなの自慢やってんけど、その次に生まれた女の子が私やった。

いっつも比べられて卑屈になってしまって…

鏡に映る自分からも目を背けてた

やから、写真撮るのめっちゃ抵抗あった。

コンプレックスがあるなら、無理しない!

というわけで、ネイルをしたり、こまめにマッサージに行ったりして自分を労りながら、心のケアをしていった。

それから、ちょっとずつ自撮りの練習をスタート。

もちろん、人がいる前で自撮りするのはハードルが高いから、誰もいない家の中で。

「ああ、肌荒れてる…」

「ああ、小鼻目立ってる…」

「ああ、色素沈着見えてる…」

って、見たくないことがいろいろ見えてきた

そのとき、間違えてシャッター押しちゃってん。

写真ブレててんけど、私めっちゃ変なポーズしてて、思わず笑ってしまった!

「あ、これ面白いかも?」

そう思ったんよね。

そしたら、写真撮るのが楽しくなってきた。

どんな変な写真でもいい。

楽しみながら撮ろうって。

それから、

ライト調整したら、肌荒れが目立たないな

とか

こっちの角度から撮ったら、小鼻が目立たないな

っていうのが、わかるようになってきた。

最初は写真を撮るたびに凹むけど、少しずつコツをつかめるようになるよ!

こうして、OKが出て本番撮影へ。

連写でバシャバシャ撮ってみる。

奇跡の1枚があると信じて。

写真をチェックしてみる。

あれ?だんだん何がいいかわからんくなってきたぞ(汗)

その結果…

撮った枚数、なんと2,000枚www

最難関「奇跡の一枚」を選ぶ

なんとか、写真を撮り終えた、というか連写しまくった私。

写真のチェックをしてみる。

「あ、目が半開き」

「うわ、手ブレしてるやん」

とか、おもしろ写真多数w

「だ、大丈夫かな…?」

と思ってたら、なんと!

奇跡の一枚があった!

「よかった!2,000枚撮ったかいあったぞ」

って思ったよね(笑)

こうして、婚活の第一関門を突破したよ!

子どものころからブサイクって言われ続けたけど、アトピーの色素沈着も残ってるけど、大丈夫やった。

こんな私ができたんやから、あなたも大丈夫!

絶対、乗り越えられるよ!

というわけで今回は、私のストーリー第14弾「マッチングアプリの写真撮りたくなさすぎる事件」でした。

素敵な人と出会うために、楽しみながら最高の写真を撮ろう!

派手派手ワンピ×メイクでマッチングアプリに登録したら、どんな人とマッチした?については、コチラ↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました